ドライバーの一日

勤務体系

勤務体系には、様々なパターンがあります。

隔日勤務 月12乗務の場合

月内12回の乗務業務があり2日間で1勤務を行います。
AM7:00~翌AM2:00
(拘束時間19時間 休憩時間3時間 実働時間16時間)

昼日勤勤務 月24乗務の場合

月内24回の乗務業務を昼間に行います。
AM6:00~PM3:00
(拘束時間9時間 休憩時間1時間 実働時間8時間)

夜日勤勤務 月24乗務の場合

月内24回の乗務業務を夕方から深夜帯に行います。
PM5:00~翌AM2:00
(拘束時間9時間 休憩時間1時間 実働時間8時間)

出社

出社(勤務体系により、様々な時間帯に出社します。)

アルコール検査

飲酒したアルコールが分解されているかどうか、全ての乗務員に検査を行います。

車両点検

出庫前に車輌点検を行います。エンジンオイル・冷却水・バッテリー・灯火類など運行前に車輌を注意深く確認します。

点呼

免許証携帯・注意事項・連絡事項・報告事項・接客項目を確認します。気持ちよくお客様にタクシーをご利用いただく為、努力は怠りません。

出庫・営業開始

再度、車内清掃を行い、さあ出発です!営業を進めながら、無線からの指示であれば配車先に向かうなど、様々な方法でお客様を目的地まで安全に送迎します。
その地域ごとに人が密集するエリアや、人の流れの導線を考えながら走行しますが、各会社ごとにマニュアルがございますのですべてを加味しながら走行します。

昼・夜休憩

お客様を送迎している時間と被ることがありますので、乗務員自身のタイミングでお昼や夕食または休憩を取るケースが多いです。

お弁当を持参されてる乗務員や外食を楽しむ方もおります。しっかり食事を取りリラックスして体を休めます。また仮眠を取る方もいらっしゃいます。乗務時間が長いので休息は、大変重要であり、法に決められた休憩時間を各自がバランス良く取り業務遂行いたします。

休憩後営業再開

休憩後の営業再開です。夕方からお仕事へ向かう方や買い物なので多くの方がタクシーを利用されます。

駅や商業施設が密集するエリアなど重点的に走行するなど工夫して業務を行います。

帰庫

会社に戻り、1日の売上精算や次の担当者へ引継ぐ為に洗車・清掃を行います。

戻っている乗務員と今日一日の出来事や様々な情報交換など、気軽に会話を楽しめる時間でもあります。終礼を終えて一日の業務が終了となります。

帰宅

勤務形態により帰宅する時間帯が違います。

次の業務に備え、体調管理をし、体を休めます。