ドライバーの仕事

神奈川県内には200社ちかくのタクシー会社が存在し、日夜県内の方々へサービスを行っております。
ご利用者様から頼りにされ、感謝されることが非常に多いタクシードライバーのお仕事の魅力と実態をご紹介いたします。

ドライバーになる為には

二種免許

地理試験

年齢

タクシードライバーになるには普通自動車一種免許(普通免許)と別に普通自動車二種免許が必要となります。
普通免許取得してから3年以上経過していれば取得できる免許になります。二種免許がない方でもタクシー会社へ就職して会社の教育を受けて取得するケースもあります。運転免許の他にドライバーとして欠かせないのか地理の知識になります。お勤めになるタクシー会社の周辺以外にも遠距離の運送もありえるので、神奈川県に隣接する都県の主要道路知識を習得する必要がございますが、こちらは研修を実施しており、地理試験に必要な知識を習得できるよう体制が整っております。
年齢につきましては、特に定めはございませんが、募集されてるタクシー会社で異なる場合があります。
※地理試験は京浜交通圏のみ実施となります。

女性ドライバーの進出

神奈川県の女性ドライバーの人数は、東京に次いで多くなっております。女性やお子様のお客様にも安心して乗車できることから、大変好評を得ており女性ドライバーが増えています。中には、親子で活躍している方もおります。

勤務シフトについて

隔日勤務 月12乗務

~

8:00

 

4:00

1勤務

14時間15分+3時間の休憩

(休憩・残業込)

タクシーの稼働率を上げるためにもっとも主流な「隔日勤務」という勤務体系です。

通称「隔勤(かっきん)」と呼ばれ、多くのタクシードライバーが、この勤務体系で働いています。

>細かくはタクシー会社によって異なりますが、「隔日勤務」は大体朝8時頃から夜中2時頃まで勤務することになり、合計18時間のうち3時間、自由な時間に休憩を取ることができます。

勤務が終わるとその日は終日お休み(明番)となり、明番と公休日を組み合わせて連休を取ることもできるので、「隔日勤務」は自分の時間を取りやすい人気の勤務体系です。

昼勤務 月24乗務

~

8:00

 

17:00

1勤務

7時間+1時間の休憩

(休憩・残業込)

一般的なサラリーマンと同じように昼間に働く勤務体系です。

一般的には、朝7時から夕方16時までの勤務や朝8時から夕方17時までの勤務です。

「昼勤務」は女性や高齢者のドライバーに好まれる勤務体系です。

隔日勤務 月12乗務

~

17:00

 

2:00

1勤務

7時間+1時間の休憩

(休憩・残業込)

タクシー会社によりますが、一般的には夕方17時から夜中2時まで勤務します。

深夜なので、終電を逃したお客様やお酒を飲んだお客様が多くなります。

深夜割増料金の時間になると「昼日勤」より「夜日勤」の方が、売上が稼げます。

定時制 月8勤務

勤務日や勤務時間は

タクシー会社による

 

勤務日数、勤務時間はタクシー会社で異なりますが、ほかの勤務形態と比べ労働時間が短いのが一般的です。

時給ではなく歩合制で、売上が高ければ収入も増えます。

アルバイトとして、朝から昼までの間に勤務することが多く、社会保険などの補償がない場合があります。

正社員として雇用する場合もあります。70歳を超えて雇用する会社もあります。