先輩ドライバーの方々より

入社18年目

N.Kさん

タクシードライバーになったきっかけは?

元々、車が好きで、運転が大好きでした。
全国をドライブで回るほど、車の運転が好きだったんですね。
前職は整備の仕事で板金塗装なんかもやっていました。
人と話すことが得意だったため、それを活かす仕事に就きたかったのです。
最初は緊張しましたが、地理には自信もあったので、1ヵ月もしないうちに慣れました。

お仕事中、嬉しかった出来事などございますか?

お客様から直接、「ありがとう」と言われることが一番うれしいです。
運転を褒められることもあります。
先日も「どうしたらそんなに静かに止まれるの?」と聞かれ、
笑顔でお話していると、「こんなに静かに止まれる運転手は初めて!」と言われ、
とても誇りに思いました。

あなたにとってタクシードライバーのやりがいとは?

お客様を乗せるということは“人の命を預かっている”ということ。
モノを運んでいるわけではないんですね。
この仕事に就いてからはプライベートでも最新の注意を払い運転するよう心がけています。
やはり会社の看板を背負っていますから、プロとしての自覚は大切です。

休日はどのように過ごされてますか?

中学校まで野球部でして、今も野球が大好きです。
会社に野球チームがあるんですね。
なので、休日は仲間と野球をして過ごしています。
ポジションはどこでもやれますね。
あとは、ドライブです。
全国の滝を見に行くのが趣味で、これまで170ヶ所を回りました。
滝行ではないですよ(笑)。純粋に滝を観るのが好きなんです。
今の目標は200ヶ所を回ること。
休みがしっかり取れるからプライベートも充実します。